6.毛布を手洗いで洗って見る!

自宅で洗いたいのだけど、洗濯好機の体積が小さくて毛布が入らない…と思っている人、大丈夫です!見切ることはありませんよ。
「けれども、これ程大きくて厚手なのに」と思われますか?
こういう場合は、銭湯タブによって手洗いをすればいいのです。いえ、正確には乗り物で洗うんですけどね。
但し、空模様の良い日光を選んで行った方がよいと思います。
<下確立>
1.毛布に付いている洗濯タグをみて洗濯風説をチェックする。
2.毛布に付着している、糸くず・毛髪・ホコリ・皮脂などの不浄があったら落としておく。
3・銭湯タブをキレイに洗っておく、バケツや洗面容器などに洗剤を溶かし洗濯液を作っておく。フレキシブル剤も同様に用意しておくといった有効。
<本洗>
1.毛布を、ジャバラ(屏風)状に折りにたたむ。(洗濯機にはいるくらいのレンジでたたんで行く)
2.ジャバラ状の毛布を不浄があるほうが外になるみたい、2つ折りとして銭湯タブに添える。
3.洗濯液を毛布の上から流しかけ、毛布の尖端から尖端を何度か乗り物で踏みながら洗う。
  (足場が悪いので転ばないように十分に注意してください。また表皮が弱々しい人はお銭湯ブーツなどをご実施下さい)
4.洗濯液を捨てて、すすぎはシャワーをかけながら踏み洗いをする。
5.更に毛布が浸るぐらい水を浮かべ、フレキシブル剤水を回しかけ逐一乗り物で広める。
6.水を抜き、乗り物で踏みながら湿気を押し出して出向く。
7.銭湯タブの関係に毛布をかけ水切りをする。
8.水が切れたら毛布を乾かす。http://www.jurbooks.ch/