子育てのことで日々悩むこと

2年代って0年代の二人の乳幼児の女性だ。
上の乳幼児が2年代なので、わたしも女性歴2クラスであって子育てに年中悪戦苦闘している。
育児においては何が正解なのか分かりません。
内面でこう決めるという理想の子育てが頭の中にあっても、それを結構実践することは辛く、うまくいかない時折時にヒステリックに乳幼児をしかってしまうことがあります。
その後に後悔するという繰り返しだ。

それほどほめて育て上げるということが生だという子育て論を耳にしますが、結構活用は難しいです。

しかも、ほめるといっても連日単なるため何度もほめているうちに、自分自身が心情をこめて言っていないことに気づきます。
乳幼児はそのことに敏感に気づいているのではないかと気になりますが、自分も自力の人となりでパーフェクトでないので残りがありません。
ラフファッション、お子さんを連れて公園に行くといった、同じ女性をみると残りがあって笑顔で育児をしているようにみえて、自分が未熟ですように感じることがあります。
も、本当は身と同じようにこういう妻も育児にがんばっているのだと考えるようにして根性を臨みます。

育児は実際女性己も改善行える嬉しいトライだ。
将来は、何でも認識し合える家族関係でありながら、乳幼児に尊敬されるような女性になりたい、そんなに私も成長していきたいと思います。